バージョン1.1.2の新機能を利用するための、SPIRALアプリケーションの変更点

プラットフォーム:

V1

バージョン:

ver.1.1.2以降

バージョン1.1.2の新機能を利用するための、SPIRALアプリケーションの変更点

バージョン1.1.1以前をご利用中の方がバージョン1.1.2で実装された新機能やショートコードを利用するためには、プラグイン「WP Member Login by SPIRAL」のアップデートにあわせて、SPIRALアプリケーションの変更が必要になります。

なお、プラグイン「WP Member Login by SPIRAL」のみをアップデートした場合、既存機能には影響なくご利用いただけます。

※バージョン1.0.7以前をご利用中の場合は設定内容が異なります。下記記事より設定内容をご確認ください。

変更点

  1. WP用ログイン認証用フォームのソース変更

※おおよそ10分程度の作業です。

SPIRAL®アカウント内の作業です。作業を始める前にSPIRALにログインしてください。

WP用ログイン認証用フォームのソース変更

①アプリ一覧から「会員管理アプリ for WP」を選択

②関連設定より WP用ログイン認証用 を選択

③ ページ設定メニューより「締め切りページ」を選択

④ 以下のダウンロードボタンより変更後のソースをダウンロード。

⑤ デザイン選択より「ソースデザイン」を選択。

表示された締切ページ用HTML 設置ソースの入力欄の内容をすべて削除し ④でダウンロードしたファイルのソースをコピーアンドペースト。

(「ソースデザイン」ボタンより変更前のHTMLソースをダウンロードできます。変更前のバックアップとしてご利用ください。)

ソース変更後「変更」ボタンを押して設定内容を保存。

⑥変更内容をフォームに反映ボタンを押して、本番環境に反映。

以上でWP用ログイン認証用フォームのソース編集が完了です。

設定完了!

お疲れ様でした! 以上でアップデートにおける必要作業が完了です。

新機能や追加されたショートコードの使い方は以下をご確認ください。