画像リンクでSPIRALカスタムページへ遷移するには [sml-is-logged-mypage id="●"(url="●") image="▲"]

プラットフォーム:

V1

バージョン:

ver.1.1.2以降

[sml-is-logged-mypage id="●"(url="●") image="▲"] の機能

[sml-is-logged-mypage id="●"(url="●") image="▲"] はSPIRALのマイエリア内に作成したカスタムページへの画像リンクを作成することができるショートコードです。

「マイエリア」とはSPIRAL内に作成できる会員専用の認証エリア、「カスタムページ」とは認証エリア内に設置された会員専用ページのことです。SPIRALではカスタムページとして、会員専用アンケートやキャンペーン、問い合わせ履歴一覧などが作成できます。

ショートコード [sml-is-logged-mypage id="●"(url="●") image="▲"] を利用することで、プログラム開発をすることなく認証エリア内のカスタムページへの画像リンクを作成できます。

※ご利用のプラットフォームにより記載方法が異なります。

(SPIRAL ver.1「id=""」、SPIRAL ver.2「url=""」)

※SPIRAL ver.2では利用数の制限があります

設定方法(SPIRAL ver.1の場合)

画像リンクを設置したい箇所に [sml-is-logged-mypage id="●" image="▲"] を設置します。

ショートコード内の id="●" にはカスタムページのID、 image ="▲" にはリンクとして表示したい画像のURLを指定してください。

カスタムページのIDはSPIRALにログインして確認できます。

以下は カスタムページ(ID=284132)へのリンクを「https://pi-pe.jp/sample/cp.png」画像で表示した場合の例です。

設定方法(SPIRAL ver.2の場合)

※SPIRAL ver.2 への接続はプラグインver.1.2.0以降の機能です。

画像リンクを設置したい箇所に [sml-is-logged-mypage url="●" image="▲"] を設置します。

ショートコード内の url="●" には認証エリア内ページのpath、 image ="▲" にはリンクとして表示したい画像のURLを指定してください。

認証エリア内ページのURLはSPIRAL ver.2にログインして確認できます。

同一のページに設置できる [sml-is-logged-mypage url="●"] 系のショートコードは1つまでです。(SPIRAL ver.2のみ。SPIRAL ver.1 は複数設置可能。)

以下は 認証エリア内ページ(url=/wpmls_member_area/sample)へのリンクを「https://pi-pe.jp/sample/cp.png」画像で表示した場合の例です。

応用編

テキストリンクを作成することもできます。

参考:テキストリンクでSPIRALカスタムページヘ遷移するには [sml-is-logged-mypage id="●"(url="●") title="▲"]

属性を指定することでパラメータを付与したURLリンクを生成することができます。

参考:応用編:SPIRALカスタムページリンクにパラメータを付与しよう

お疲れ様でした! 以上で ショートコード [sml-is-logged-mypage id="●" image="▲"] の紹介は終了です。

プラグイン「WP Member Login by SPIRAL」を活用して会員サイトをより充実させていきましょう。