ステージング・本番同期ツール「SMC for WP SiteSync」

WordPressのアップデートや新しいプラグインを公開中の本番環境に適用して、画面が真っ白になり管理画面にも入れなくなったご経験はありますか?
また、サイトリニューアルや新しいページの表示崩れやリンク漏れなど公開する本番と同様な環境で確認したいと思ったことはありませんか?

そんな時、本番と同様なステージング環境は、コンテンツを安全にまた便利に運用するのに必須と環境と言えます。

ステージング環境は、一般的に以下のようなに活用されます。

  • WordPressメジャーバージョンの動作確認
  • 新しいプラグインの検証
  • プラグインのアップデート、動作検証
  • リニューアルコンテンツの制作、開発環境
  • 投稿記事の表示確認

ですが、ステージングで動作検証また確認が取れたものを、今までは手作業で移設していたのではないでしょうか。


このステージング・本番同期ツール「SMC for WP SiteSync」は、ステージング環境をそのまま本番環境へクリック一つで反映することができる、SPIRALマネージドクラウド環境専用のプラグインです。

同期される内容は、投稿ページ、固定ページだけのコンテンツ移設だけではなく、WordPress環境、動作検証ずみのプラグイン、ユーザー情報なども環境一式が上書きでフル同期されます。

また同期の際、ステージングのURLを本番環境のURLに書き換えて同期されますので、同期後のURL編集作業は必要ありません。

さらにステージング・本番同期ツール「SMC for WP SiteSync」は、手動バックアップ機能やバックアップファイルからの復元機能がありコンテンツ運用では助かります。また、同期は本番環境からステージング環境への反映も可能となっております。

プラグインのインストール(標準実装)

ステージング・本番同期ツールはSPIRALマネージドクラウドのステージング環境と本番環境の両方に標準で実装されていますので、インストールの必要はございません。


このプラグインを削除してしまった場合など、再インストールをご希望の場合はユーザーズサイトの「作業依頼/その他の作業」よりご依頼ください。

サイトの同期

ステージング環境(同期元サイト)の内容を本番環境(同期先サイト)へ同期するための手順となります。
本番環境からステージング環境への同期は、本番環境のWordPress管理画面から実行できます。

サイトの同期は、同期先サイトのバックアップを自動実行するため、SPIRALマネージドクラウドの利用可能なコンテンツサイズが残り5GB以上の時に実行可能です。

WordPress管理画面のメニュー/サイト同期をクリックします。

同期画面には、同期元のサイトの種類とFQDNと、同期先のサイトの種類とFQDNが表示されます。
今回の手順ではステージングから本番サイトへの同期になりますので、同期先サイトは「本番サイト」と表示されていることをご確認ください。

同期に関しての注意事項には、どこまでの内容が同期されるのか、同期実行中の注意事項が記述されていますので内容を確認してください。

サイトの同期する範囲

  • WordPress本体(同期先サイトは同期元サイトと同じバージョンになります。)
  • インストール済みのプラグイン・テーマ・翻訳
  • ユーザー情報を含めたデータベース内容一式
  • メディアファイル
  • SFTPにてアップロードしたコンテンツ

WordPressのコンテンツURLは、同期元URLの箇所が同期先URLへ自動的に変換して同期します。

同期中の注意事項

同期処理にはデータ上書きおよびURL書き換えを伴いますので、処理中にはページ表示の乱れやリンク先が同期元になる現象が数分程度発生する場合があります。

注意事項の内容を確認しましたら、「上記注意事項を確認しました」にチェックを入れると[本番サイトへ同期]ボタンがクリックできるようになります。

[本番サイトへ同期]ボタンをクリックすると、同期の実行確認ダイアログが表示されます。

同期実行の確認ダイアログが表示されます。OKボタンクリックにて同期が実行されます。

なお、処理の実行が開始されますと途中で別の画面に移動したりWordPress管理画面を閉じても処理は停止されませんのでご注意ください。

実行処理の進行状況が表示されます。「同期完了」のチェックマークがグリーンになることで同期処理の完了となります。